2007年2月

 前オリックスの中村紀洋選手が中日に入団が決まりました。
 本来なら中日にとっても必要な戦力ではありません。それなのに、何故、落合監督 が中村選手を獲得したのかというと、それは「野球協約」への問題提起と日本プロ野 球のことを考えての処置だと私はそう思っています。
 今回、中村選手がオリックスを退団になった理由は、2億円の年棒が60%の減棒の 8000万円という提示からです。それだけではなく、手首のケガも公傷扱いされないと ころから球団に対する不満はあったと思います。
 野球協約では「40%」が減額制限になっています。それを破ってオリックスが年俸 を提示してきたのですから選手として受け入れられるはずがありません。当然のよう に中村選手も拒否をしたのですが、「それだったらいらん!」ということになったの です。本当であれば、ここで日本プロ野球がオリックスに対して「野球協約違反です よ。中村選手の解雇は認められません。」と言ってくれたら良かったのですが、見て 見んふり・・・。
 そしたら何のために「野球協約」があるのか? それは選手を守るためのものなん ですが守られない。守られなくても何のおとがめもないところに問題があるのです。
 中村選手は一時は「5億円」をもらっていた超一流選手です。何も悪いことをして いないのに野球ができなくなるというのは、どう考えてもおかしいです。しかも、ス ター選手はドンドンメジャーに挑戦といって日本から離れていきます。そういう今の 現状ではダメだと思っているからこそ落合監督は中村選手を獲得したのです。
 落合監督は現役の頃から「落合記念館」で、プロ野球に入ってきたけど活躍できな かった選手、しかも他で就職もできない選手を「落合記念館」で雇用したりしてきて るんです。本来なら、日本野球機構がやらなければいけないことをなにもしないの で、落合監督がしてるのです。そこのところをもっと色々な人が知って、悪いところ は改善していかないとダメだと思います。
 日本の野球のことを一番考えて、行動して下さってるのは、長嶋さんでも王さんで もなく「落合監督」だということを忘れてはいけないと思います。
 中村選手には是非活躍して欲しいです。でも、2年連続で中日の優勝は困ります。 (^-^;

 6ヶ国会談(中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、日本国、大韓民国、ロシ ア連邦、アメリカ合衆国)で珍しく日本が「拉致問題の進展がない以上、北朝鮮への 支援はしない」と主張しました。良くぞ言った! これが当たり前なのですが、今ま ではそれがよう言わなかったのです。安倍首相を頼りないなと思っていたのですが、 ちょっと見直しました。これからもはっきりと主張して欲しいです。

 沖縄に行くことが決まりました。\(^0^)/ 高校の修学旅行以来です。色々 と変わってるのでとても楽しみです。これは来月報告します。でも、妻がビキニを着 るとか・・・。止めてくれ〜。目に悪いよ〜。誰か止めて!(>_<)