2006年9月

 安倍首相に新しく代わり「福祉はどうなるのかな?」とみてると「ふ」の字も出て こない。やらなくてはいけない事は沢山あるとは思いますが、これでは何の期待もで きない。期待する方が間違ってるのかも知れませんが、お先真っ暗・・・。

 私の所では「ホームベース」という介護保険と自立支援法と福祉有償移動サービス の認定を受け、事業所をしてるんですか、今年の4月から介護保険の「要介護度」が 少し変わって、「介護予防」ができました。それで、今まで「要介護1や2」の方は 介護用ベットがレンタルで借りられていたんですが、これが特例はあるもののほとん どの方が借りられなくなりました。だから、本当に必要な方は自費で買われたり、お 金のない方は買う事ができないので本当に困っています。困っているのは利用者だけ でなく、「レンタル業者」も制度がコロコロ変わるので、大量の介護ベットがあま り、しかも中古ですので売るに売れないし、かさばるので保存場所にも困る始末・・ ・。
 何故、もっと長期的な計画を立ててやれないのか? コロコロ変わられると事業所 も定款を変えたり、契約書を変えたり・・・。本当に利用者も事業所も業者もみんな が振り回されてます。これで良いはずがないねんけどな〜。

 桑田がジャイアンツを退団する決意というかせざるおえなかった状況にあったんだ と思います。と言ってもまだ決まったわけではありません。これからの交渉で決まり ます。原監督が「桑田はジャイアンツの功労者だから・・・。」と本当に思っている のであれば、ジャイアンツは退団させないでしょう。
 私的には「野球選手は野球をやってないとダメ!」と思ってるので、「現役続行」 がわかって良かった。
 清原も現役続行を表明してるので、二人にはとことん野球を楽しいんで欲しい。そ して、少しでも良い成績を残して日本プロ野球の『選手寿命』を延ばし、もっともっ と魅力ある日本プロ野球界にして欲しいと思います。彼らの任務というか期待には大 きいものがありますが、頑張って欲しいです。

 「9月22日」で21年が経ちました。
 あの時、プロにいってればどうなってたとかスイッチヒッターに挑戦したかったな ど色々と考えます。いってないから何とでも言えるんですが・・・。
 今も考える事は「野球」です。だから、何とか野球に関わって生活をしていきたい のですが、世の中そんなに甘くない。これは、まだまだ障害者が市民権を得られてな いからだと思います。だからこそやりたいのですが、障害者の生活は苦しくなるばか りです。外出すら時間制限があるのですから・・・。
 21年の中で福祉が変わってきたのは、この5,6年の事です。だけど、制度的には もう下降・・・。(T-T) これからどんどん右上がりになって、障害者が簡単に外に出 られるようになり、障害者が街に馴染むようにならなあかんのに・・・。やっぱり、 障害者は家で寝とかなあかんのかな?