2004年12月

 2004年も後少しで終わろうとしています。今年は仕事面で言えば、一番多い時に比べて半分という寂しい結果になってしまいました。(T_T) それに映画の話も上手く進行せず、ちょっと物足りなさを感じています。その反面、忙しくなかったという事もあり、体調面では風邪も引く事なく、床ずれもできずにケガや病気などする事なく過ごせた事は本当に良かったです。これも妻やヘルパーさんのおかげだと感謝しております。と、言いながらやっぱり『自己管理』かな!ヾ(*^◎^*)ノ

清水哲の2004年度ベスト3
@ サイパン旅行
   旅行は私の楽しみの1つです。これは両親の影響が大きいかな? それに、やっぱり人生は楽しまないと面白くない! 必死になってしんどい思いして、時には嫌な思いまでして働いて、旅行ぐらい行かないとやってられない。それと、海外は障害者にとって人が優しいです。心と体のリフレッシュができる旅行は年に1度は行きたいですが、そこまで稼ぎが良くないので次ぎの旅行まで頑張ろう。

A バット君の登場
  犬のチワワです。最初家に来た時は本当に小さくてしかも震えてるし、思わず犬用のホットカーペットを買ってしまいました。(^0^;) 冗談ではなく「死んでしまう」と思ったんです。そのバット君は今はヤンチャぶりを発揮し、台所に置いてある敷き物はボロボロ。フローリングは剥がされ、この先どうなる事やら・・・。

B 父親との食事&カラオケ
  父親も脳梗塞の後遺症がある為、なかなか一緒にどこかに行くという事ができません。車椅子1台でも食事をする所を見つけるのも容易ではないのに2台となると大変です。それに、私が手助けしてあげられないので、どこかに行くというと周りの者に負担がかかってしまいます。しかし、親が元気なうちに少しでも『哲の恩返し』をしておかないときっと後悔する事になると思うので、悪い頭を使って、両親に喜んでもらえるように努力していこうと思います。 

清水哲の2004年度ワースト3
@ 桑田&清原の応援歌が売れなかった事
  私が作詞をした二人の応援歌CD。この売れ上げ金を私の著書(桑田よ 清原よ 生きる勇気をありがとう)を元に映画を作ろうと計画が進んでる中、「肝心のCDが売れない=制作費が集まらない」という状況です。でも、この年末に良い話も来て来年が楽しみです。CDが売れないのであれば売ってやる! 目標を達成するまでは負けへんで!

A 仕事が減った事
  景気が回復してるとは言え、肌で感じるほど生活が変わるほどではありません。そういう中で講演みたいなイベント的な事は減らされてしまいます。でも、私の話を「聞きたい!」という人がいる限り、私は続けます。

B 妻の水着姿
  これのコメントはできるだけしたくありません。後でシバカれるからです。それに、想像がつくでしょ! 水着のパンツの上にお腹の脂肪がのってる姿を・・・。

 今年も1年色々とお世話になり、本当に有り難うございました。
 来年もチャレンジ精神を忘れずに全国を飛び回りたいと思いますので、こんな私ですが宜しくお願いします。<(_"_)>