2003年11月

 2003年も終わろうとしています。今年は昨年よりも10本も講演が減り、7年連続で 北海道講演に行っていたのですが、それも途切れてしまいました。しかし、大きな病 気もすることなく、講演に穴を開けることなく、予定通りに行えたことを幸せに思い ます。
 毎年書くことですが、今年の良かったこと悪かったことベスト3をあげたいと思い ます。

 良かったこと
 @オーストラリア旅行
  左半身麻痺の父親も連れて行ってあげました。

 A守口セネタース創立30周年
  私の父が作った、私の育った軟式の少年野球チーム。

 Bシーガイアでの講演
  500人のスタンディングオベーションは感動。 

 悪かったこと
 @講演中、手話通訳をしてるとも知らずに怒ったこと
  本当にごめんなさい。
 
 A航空会社に電動車椅子を壊されたこと
  とにかく、対応がまずすぎる!

 B詩集が間に合わなかったこと
  2月から取りかかってもらったんですけど・・・。


 2006年度に新しい介護制度が導入されるということが厚労省から発表がありまし た。簡単に言えば、高齢者の介護保険と今年から始まった障害者の生活支援補助方式 を一緒にすると考えて良いでしょう。しかし、問題になると考えられるのが、障害者 に無く、高齢者にある時間の上限です。おそらく、いや絶対に上限を設けてくると考 えられます。何故かというと、財政難だからです。財政難という事から考えると現 在、高齢者は自己負担が1割と決まってるんですが、障害者は所得に応じて自己負担 の額が違います。新しい制度になると、これは所得に応じて自己負担の金額を決めら れると思います。そして、20歳以上の人から保険料の徴収です(これは決まってま す)。あと、問題になってくるだろうと考えられるのが、仕事の内容ですが、現在、 障害者は結構幅を持たせてもらえてますが、高齢者の方は、例えば、庭の草抜きをし てはいけない。ペットの世話をしてはいけない。家族と同居している場合は本人さん だけの事しかしたらダメなんです。もし、雨が降ってきたとします。こういう時でも 本人さんの洗濯物だけを取り入れるんです。へんでしょ? だけど、これが現実で す。どれをとってもこれからの日本の福祉は大変です。障害者の自立なんって絶対に 無理! 国が掲げた福祉の基本理念『ノーマライゼーション』なんかとんでもない事 です。ほど遠いです。こんな事やったら最初からこんな目標を掲げなかったらいいの に・・・。

 「障害者有料道路通行料金割引証」が廃止され、必要事項が記載された手帳を見せ るだけで割引が受けられるようになりました。
 また、割引制度対象者がETC車載器を購入された場合、全国で先着15万人を対象に その費用の一部が助成されます(助成金1万円)。くわしくは、障害福祉室へお問い 合わせください。 ちなみに、ETCが使えるのは1月20日からです。お間違えなく。

 多発する夜間の歩行者交通事故、特に高齢者の事故をゼロを目指して静岡県警と業 者が共同開発した「交通安全シューズ」が売れてるそうです。白い帯状の部分が反射 材で、360度どこからでもピカッと光るそうです。そこで、先日ある車椅子の業者の 人に「自分でこぐ人用の車椅子には光るタイヤがあるのに何故、電動車椅子用のが無 いのか?無いのであれば一緒に開発しましょう!」という話しをしたんです。光るタ イヤというのはファッション的にもかっこいいということもありますが、やっぱり、 事故防止の一つです。しかし、車椅子業者からは良い返事が返ってきませんでした。 (T_T)日本ってまだまだやな・・・。こういう細かい所にも気を遣って欲しい! どな たか私と一緒に開発しませんか?

 俺って人気ないわ! ホンマにつくづくそう思った・・・。出版パーティーをする といっても人が集まらないようでは問題外。 だけど、俺はこんな事で止めへんで! 年明け後、ホテルの人と話をしてもう一度告知します。“O( ^ - ^〃 )O”

 今年一年、色々と御世話になり、有り難うございました。来年も自分なりにチャレ ンジ精神を忘れず、感謝をする気持ちを忘れることなく、健康に気を付けて頑張って いこうと思っています。こんな私ですが宜しくお願い申しあげます。<(_ _*)>
 皆さんも良いお年をお迎え下さい。