1999年 12月

『生命の話をしよう』のCDも好評で、来年の2月と3月にはNHK「みんなのうた」で放送されることが決まりました。出来れば私の夢である春の選抜高校野球大会の入場行進曲になるように販売に協力していただけたら嬉しいです。そうとう売れないとダメみたいですので宜しくお願いします。
 CDの問い合わせ先は、私にメールを下さるか直接中村先生の事務所に電話して下さい。『中村泰士DOプロデュース 06ー6371ー4280』CD1枚2000円です。(チャリティー500円含む)

 日栄の取り立てが問題になっていますが、「返して下さい」で返済してくれるようであれば脅迫まがいまではしなくていいんですよね。日栄のやったことは良くないことですが、それよりもその背景に何があったのかを見逃してはいけません。
 銀行が中小企業にお金を貸さない“貸し渋り”=危ないところにはお金を貸さないということだと思うのです。ということは、銀行は危ない橋を渡らずに、安い金利で商工ローンにお金を貸し、銀行で借りられないところが金利の高いところで借りる・・・。銀行が自分の手を汚さずに商工ローンに嫌なことをさせてたに過ぎないのです。元を正せば銀行も悪いということを忘れないで下さい。

 私が監督を務める『クリスタル』ですが、大阪ドームで試合をしました。
 屋根のあるところで野球をするなんて考えられない・・・。凄く時代が変わったのを感じました。プレーをすることは出来ませんでしたが、ユニホームを着てグランドに居れたことはとても嬉しかったです。そら〜、欲くを言えば暴れまくりたかった・・・。でも、綺麗な球場で雨の心配もいらないところで試合が出来る今の選手が羨ましいです。何かああいう家が欲しくなりました。

 東京の春奈ちゃん事件は、お受験が原因ではなかったようですが、改めて“心”の貧しさを感じました。
 日本は不景気とは言え、ご飯も3度3度とちゃんと食べられるし、物が足らなくて困ってるというのも聞きません。これだけ国が豊かになり、生活が安定してるのに、何故、心がこんなに貧しくなったままなのでしょうか? お金を出せば何でも手に入るという今、お金では買うことのできない、お金よりも大切なことがあるという教育をするべきだと思います。

 1月23日に三重県の津カントリークラブで、私の応援コンペがあります。これは一般の人も参加できます。ゴルフが出来ない人もパーティーだけの参加もできます。
参加料金 5000円 プレー費 20000円 パーティーだけは2000円です。
お問い合わせ先  059−237−3700 宮本迄