1998年 7月

選挙は久々に“国民の怒り”があらわれて「日本も捨てたもんじゃない!」と思いました。
が、しかし、わかってないのが自民党・・・。
だいたい、日本の代表を国民投票で決められないというところに問題があります。
しかも、何故、小渕氏が1回の投票で決まってしまったのか?
には、最初から決まっていたとしか思えないし、
自民党は変わる気がないんだなと思いました。
それにしても政治家は、何故料亭で話し合いをするのでしょうか?
料亭に行ったことがないので、はっきりしたことは良くわかりませんが、
テレビで見る限り、スロープは付いてなさそうだし、
障害者用の駐車場、トイレも映ったことがありません。
そんな場所で、話をしていても障害者のことはわかるはずがないですね。
何故、「ファミリーレストラン」ではダメなんでしょうか?
俺なんか、ファミリーレストランもそんなに行けないのに・・・。
首相戦をする時に3人(小渕、梶山、小泉)が
景気対策に“減税”という事を言っていました。
その減税の穴埋めを「公共投資」を減らすということを言っていました。
だけど、良く考えて下さい。
公共投資は、それがないとどうしても困るからするのであって、
減らすことができると言うことは、
最初から必要がないということだと思うのです。
この辺もおかしい・・・。

今月から、私が使っている市の福祉のサービスに対して、
時給400円の「自己負担」を支払わなければなりません。
それを計算すると、1ヶ月約10万円になります。
これは私がもらっている身体障害者基礎年金の額よりも多いのです。
はっきり言って、生活ができません。
普通のサラリーマンの人でも月に「10万円」という出費は大きいはずです。
それを年金生活者に求めるのですから・・・。

私も好きこのんで障害者になった訳ではありません。
なってしまったのです。
好きとか嫌いに関係なく、生きていかなければならないのです。
でも、身体に障害がありますので、例えば、食事をするにしても
人に口の中に物を入れてもらわなければなりません。
服も人に着替えさせてもらわないと自分ではどうすることもできないのです。
生きて行くには、ウンコもしないとダメなんです。
でも、自分ではできないので看護婦さんの介助が必要なんです。
それに対して「自己負担」を支払わなければならないのです。
「自己負担(所得税とは別)」が出てきたのは、昨年収入があったからなんですが、
それも200万円も300万円も収入があったわけではありません。
働く意欲をなくすようなこの制度。こんな時だけ平等にするお役所。
そんなに弱い者をいじめて楽しいのか・・・?

障害者にも生きる権利があります。これは憲法で定められています。
それなのに、生きていくうえでは必要なことで、しかも、自分ではできないことなのに、
そこに生活できないほどのお金を要求される・・・。
どう考えても納得がいかない! これが2000年には、介護保険が導入されます。
これは、その人の収入に関係なく、その人が利用したサービスに対して、
全て1割の自己負担です。これから私みたいなケースが沢山出てきます。
今から対策を考えないと、本当に大変なことになります。

中日の立浪が今年から外野にコンバートされたのは皆さんもご存じの通り。
しかし、打撃不振で前半は苦しみました。
でも、りーがケガで試合に出られなくなって、
内野に戻ってきてから少しずつ打てるようになってきました。
そこで、私が言いたいのは、例えば、ファインプレーをした選手が
次の打席でヒットを打ったりするのは見たことがあると思います。
やっぱり、野球というのは、打つだけでも、守るだけでもダメなんです。
1つの流れがあり、リズムがあるのです。
立浪の場合、長年慣れ親しんだ内野の方がリズムが合うのでしょう。
と、言って、外野がダメというわけではありません。
外野のリズムを掴みきれなかったというだけです。

「Tシャツ」がそろそろできてきそうです。
限定50枚です。早い者勝ち! 欲しい方はメール下さい。
ちなみに、生地は私の大好きなベースボールTシャツです。
ここからこだわっています。
イラストは、私の好きな言葉を英語で、
私の好きな看護婦さん=エンジェルから翼をイメージした絵です。
それと、これから世界に羽ばたきたいと願いを込めて・・・。
買って下さった方には、私と桑田、清原の3人で映っているプリクラを付けます。
枚数によっては、テレカも付けます。
あと、特典としては「・・・。」電話番号でも教えましょか? と、言っても
喜ぶ人はいないし・・・。
まア〜一緒に考えましょう。

「サマージャンボ宝くじ」今回も買います。
今度こそと思い続けて・・・。
だけど、宝くじでも当たらないと本当に生活できません。
残された道は「神頼み!」